【ハワイ語】知らないと損!ハワイ旅行がもっと楽しくなるハワイ語

 海外旅行に行くとき、あなたは現地の言葉を勉強してから行きますか?

 海外旅行は現地の言葉が「しゃべれる(理解)」か「しゃべれない」かで旅行の楽しさが数倍変わってきますっ!

 ハワイは米国の一部なので、公用語はもちろん英語(米語)です!しかし、ハワイには古来「ハワイ王国」として「ハワイ語」を使用していました。

 そんなハワイでは標識など様々なところで「ハワイ語」が使用されているので、ハワイ旅行で知っていたら便利なハワイ語をご紹介しますっ!

スポンサー

アロハ&マハロ

 ハワイに興味のある方なら、知っていて当然のAloha(アロハ)とMahalo(マハロ)。

 アロハが「こんにちは」マハロが「ありがとう」です。日本にあるハワイアンレストランやショップでも「アロ~ハ」「マハロ~」なんて声かけてもらったことある方もいらっしゃると思います。

 私も日本でハワイアンショップに行くと「アロハ/マハロ」と言われますが、日本では恥ずかしくて「軽く会釈」で済ませていますが、いつか元気に「Aloha~、Mahalo~」と返事できる勇気を持ちたいです🌈

Aloha(アロハ)

 「Aloha=こんにちは」とご紹介しましたが、「Aloha」には様々な意味があり、「さようなら」にも使えます。

 「Aloha」は直訳すると「生命の息」になります。

 また、「Aloha精神」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、Aloha精神は「ハワイ現地の人の優しい心や、自然を敬う心、ハワイの法律」を表しているます。

→「シャカサインの秘密」を知りたい方はコチラをクリック

Mahalo(マハロ/ありがとう)

 ハワイではぜひ「Thank you(ありがとう)」の代わりに「Mahalo(マハロ)」を使って、ハワイを満喫しましょう!

 レジなどでお金を払ったとき、道を聞いたときなど、最後に「マハロ!」といえば、相手も「マハロ!」と笑顔で返してくれるはずですっ!

 また、丁寧に「どうもありがとうございます」「thank you very much 」と言いたい場合は、「マハロ・ヌイ・ロア(Mahalo nui loa)」と言いましょう!

 ちなみに、私はアイルランドに短期留学していたことがあるのですが、アイルランドの方は「ありがとう」を「Thank you love!」というんです♪めちゃくちゃ可愛くないですか💕

→英語がしゃべれない人のオススメのポケトーク!詳しくはコチラをクリック

レストランで役立つハワイ語

 レストランには意外にもハワイ語がたくさん使われています!困らないようにチェックしておきましょう!

Ono(オノ/おいしい)

 「美味しい」は「Ono(オノ)」です!

 日本で外国人観光客に「オイシィデス」と言われるとうれしいですよね?ハワイでも美味しかった現地の言葉で「Ono!」と言ってみるといいですね♪

Pupu(ププ/おつまみ)

 「ププ(Pupu)」は「おつまみ」の意味。お酒を飲まない方も、ププは少量でリーズナブルなのでぜひ食べてもらいたいです♪

Wahine(ワヒネ/女性)とKane(カネ/男性)

 「ワヒネ(Wahine)」と「カネ(Kane)」聞いたことありますか?

 現地で一番見かける場所はトイレ!

 ワヒネとカネの「男女」の標識です!もちろん「絵」でも男女が分かれていますが、これを知っていれば間違えて異性のトイレにはいり、警察に厄介になることもなくなりますっ!

男:Kane (カネ)
女:Wahine (ワヒネ)

Keiki(ケイキ/子供)

 ケイキは「ケーキ🍰=子供」で覚えやすいですね♪

 レストランなどで、「Keiki」とあったら、キッズメニューという意味です。

 ハワイは一皿の量が多いので、私はKeikiメニューから頼みたいくらいです😅

街中で役立つハワイ語

kamaʻāina(カマアイナ/現地の人)

 「カマアイナ(kamaʻāina)」は「現地の人、土地の人」という意味です。

 博物館や美術館、ハナウマ湾の駐車料金などは「カアマイナレート」と呼ばれる「現地料金」があり、ハワイ在住の人は観光客よりも料金を安くしています。

Lanai(ラナイ/ベランダ)

 「ラナイ(Lanai)」は「ベランダ」の意味。ホテルの部屋をお願いする時に役立つ単語です。

番外編

 ハワイ旅行とは関係ないけど、気になるハワイ語をちょっとご紹介!

Welina(ウェリナ/愛を込めて)

 このブログのURLにもなっている「Welina(ウェリナ)」はハワイ語で「愛を込めて」という意味です。

 私の大好きなハワイをみなさんに愛を込めて、情報を届けたいという思いから「Welina」というハワイ語を選びました!

Haole(ハオレ/白人)

 以前は「外国の人」を指していた「ハオレ」ですが、今は「白人」を指します。

 テレビドラマ「Hawaii FIVE-O」でよく使われていたのでちょっと紹介してみました!

まとめ

 もっと紹介したハワイ語はたくさんありますが、今回はここまで!

 ハワイ語はほぼローマ字読みなので、日本人でもカンタンに発音できることがでいます!ただ、「Mele Kalikimaka(メリカリキマカ/メリークリスマス)」などのように、最初舌がからまるような単語も多いです😅

 もっとハワイ語が知りたい方にはネットでも検索できますが、ハワイ語の本がオススメです♪

最新情報をチェックしよう!